PechaKucha Presentation
No video for YouTube upload available.

Presenter bw sachi 20takeda

Sachi Takeda

Porcelain Art Teacher in Nagano

女性が「好き」を仕事にするということ

PRESENTED ON JUN 16, 2018
IN NAGANO @ VOL 40

長野県上田市の「和菓子屋の娘」武田紗知さんは、陶器に自分の好きな絵を転写しきれいに仕上げるポーセラーツのサロン「Salon de Sasha」を経営していらっしゃいます。そんな武田さんが、どのような考えで自分の好きなことを仕事にしてきたのか等をお話ししてくださっています。

APPLAUD THIS!
Thumb 10 361103c644ae6e4243e91aa0850d9804316c9b7be98fe

The Other Woman

BY STEPH POLLARD
@ VOL 4 ON MAR 01, 2012

Steph's presentation is about the special relationship and connection that her family shares with artist Clare White. We also get to see Claire's works throughout. (in English)

Thumb anita 26carman .08

Chihei - Playful Porcelain

BY ANITA WING YI CHU
@ VOL 16 ON MAY 25, 2013

Chihei is a community arts project combining the traditional art of handpainted porcelain with new and playful visuals. Anita Wing Yi Chu and Carman Ka Man Ching, 2 of the company's members, share some of their products and the themes behind them, as well as their community events. 

Thumb mb01

Weird and Useless; a Journey into Art

BY MONICA BANKS
@ VOL 20 ON JUN 02, 2017

Monica Banks shares her journey into the world of art, from her major intallation Faces Times Square, which hung in Times Square, New York, to porcelain figures and cakes. She explores the concepts that drove her to create her works, and also explores what it means to be an artist.

Thumb 11

壺屋という地の重要性:歴史と風水の観点から景観のあり方を考える

BY KOJI SANTO
@ VOL 20 ON NOV 04, 2017

壺屋の地を、歴史と湧水の観点から景観を考えることについて語る。

Thumb 1

大好きな壺屋に想いを寄せて

BY MUTSU KAMIZATO
@ VOL 20 ON NOV 04, 2017

勝手に壺屋を応援する、「壺屋ファンクラブ」を通じて私の好きな壺屋について語る。

Thumb 2017 1104 night 001

壷屋焼物博物館の設計にあたって:展示と設計の分担と共同のあり方

BY YOSHIKAZU MAKISHI
@ VOL 20 ON NOV 04, 2017

壷屋焼物博物館の設計にあたって「展示設計と建築設計の分担と共同の在り方に
ついて」を問われ、次のように答えた。――展示設計は、博→物→館へとソフト
からハードにアプローチし、建築設計は、館→物→博へとハードからソフトにア
プローチする――焼物博物館の完成によって、「登り窯」に火が付くことを期待
している。

Thumb  e9 95 b7 e5 b6 ba e6 86 b2 e6 ac a1 e3 82 b9 e3 83 a9 e3 82 a4 e3 83 88 e3 82 99.009

詩吟の魅力と、あらたなる開拓の試み

BY NAGAMINE KENJI
@ VOL 21 ON FEB 17, 2018

「いつまでも創造し、挑戦していくことが長生きに繋がるということを伝えていきたい。」84歳にして、新しい分野を切り開くライフワークを語る。

 

Thumb 04

"好き"をとことん考えてみる。

BY MARINO MATO
@ VOL 40 ON JUN 16, 2018

長野県上田市真田町のフリーライター、間藤まりのさんは、ご自身が関わっている様々なイベント、活動、まちづくり、わくわくすることなどなど、いろんな「好き」なことについて語ってくださいました。

Thumb  e3 83 97 e3 83 ac e3 82 bc e3 83 b3 e3 83 86 e3 83 bc e3 82 b7 e3 83 a7 e3 83 b3.003

うんこと学び

BY TAKASHI HOSOI
@ VOL 40 ON JUN 16, 2018

ある朝、うんこを踏んでいた・・・うんこを通じて様々なことを学ぶ、ということについて、細井さんが熱く語ってくださいます!